ビズリーチ 体験談

ビズリーチ 体験談

将来お金持ちになりたかったので、大学生の頃から資格を出来るだけ多く取って、将来に備えてました。

 

 

一流企業に入社して、社内で利用できる研修セミナーに積極的に参加してキャリアアップやスキルアップを着実に行って、どんどん出世していき、将来会社で重役や社長になるのを目指して頑張ってました。

 

 

入社当初は将来性があると思っていた会社でしたが、度重なる不況に見舞われ、会社経営陣の粉飾決算などが発覚して、将来会社自体が倒産してもおかしくない状況になってました。

 

 

このまま、この会社にいても先が見えていると思ったので、転職先を探し始めました。

 

 

転職先を探し始めた時には、副部長で年収1500万円の給料を貰っていたので、同じぐらいの条件の転職先を探しました。

 

 

大手の有名どころの転職向けの無料のエージェントサービスの数社に登録しましたが、副部長待遇以上で1500万円以上の年収の転職先は、ほとんど無くて、良くても課長待遇で800万円程度の年収でした。

 

 

半年経っても条件に合う職場が見つからなかったので、別の求人紹介サービスを探していたら、TVCMでよく流れているビズリーチを思い出して、有料で登録する事にしました。

 

 

他の求人紹介サイトと違って、各業界の求人情報を持っている優秀なヘッドハンターが一杯いて、自分のキャリアが生きそう求人情報をヘッドハンターからどんどん流れてきました。

 

 

流石に、同じ条件の求人先はすぐには見つかりませんでしたが、興味がある会社の求人情報についてかなり細かく教えてくれて、興味のある求人には面接を受けるように勧めてくれました。

 

 

今まで考えてもみなかった業種の求人でしたが、話を聞いているうちにキャリアやスキルが生きる理由を解りやすく教えてくれて、興味をもって数社の面接を受け始めました。

 

 

他の転職エージェントサービスとビズリーチの違いを感じたのは、いい条件の転職先を紹介してくれる事でしたが、それだけでなく、面接をして決まった転職を決めた後でも、条件や待遇の交渉をしてくれる事でした。

 

 

私の場合は、面接を3社ほど受けて、1社の面接に通って内定が決まった後で、仕事内容には納得してましたが、年収や役職などの待遇で納得できなかったとヘッドハンターに相談すると、会社との間に入って条件の交渉をしてくれて、要望通りの年収とまでは行きませんでしたが、要望通りの役職で転職する事ができました。

 

 

転職して働き始めてからも、ヘッドハンターから困りごとや相談したい事がないかと定期的に連絡がきます。